PR

【呪術廻戦】両面宿儺は魔虚羅(まこら)を調伏していた!調伏の条件とは?

スポンサーリンク
アニメ

両面宿儺が魔虚羅(まこら)を調伏しているのか気になりませんか?

両面宿儺vs五条悟、両面宿儺vs万の戦いでは魔虚羅(まこら)が調伏して使いこなしている感じでした。

魔虚羅(まこら)が両面宿儺に調伏されているシーンは描かれていませんが調伏されているのは間違いでしょう。

両面宿儺に魔虚羅(まこら)が調伏されている理由と魔虚羅(まこら)の調伏条件をまとめました!

スポンサーリンク

【呪術廻戦】両面宿儺は魔虚羅(まこら)を調伏されている理由は?

魔虚羅は両面宿儺に調伏されています。その理由は3つ!

魔虚羅が両面宿儺に調伏されている理由

  • 両面宿儺の頭の上に法陣があるから
  • ・魔虚羅が召喚しても両面宿儺を襲わない
  • 魔虚羅の出し入れが自由

残念ながら魔虚羅が両面宿儺に調伏されたシーンは描かれていません。

万と五条悟との戦いで魔虚羅を使いこなしているので調伏していることは間違いない。

詳しくみていきましょう。

両面宿儺の頭の上に法陣があるから

魔虚羅が両面宿儺に調伏されている理由は「両面宿儺に頭の上に調伏済みの証をみられる法陣があるから」です。

魔虚羅を召喚する掌印をすると両面宿儺の頭の上に現れた法陣。魔虚羅の上にもついていた法陣と同じ。

頭の上に法陣が現れることが魔虚羅を調伏させた証でしょう。

魔虚羅は1度も調伏されたことがないので確定とは言えませんが魔虚羅が両面宿儺に調伏されたのは間違いないです。

魔虚羅が召喚されても両面宿儺を襲わないから

魔虚羅が両面宿儺に調伏されている理由は「魔虚羅が召喚されても両面宿儺を襲わずにいるから」です。

十種影法術の式神は魔虚羅に関わらず調伏しなければ調伏の儀に参加した人物は攻撃対象になる。

渋谷事変で伏黒恵が魔虚羅を召喚して最初に殴られたのは伏黒恵が魔虚羅をまだ調伏出来ていないから。

両面宿儺は魔虚羅を召喚しても伏黒恵のように殴られることはなく万や五条悟だけを敵と認識して戦っていました。

これは両面宿儺が魔虚羅の調伏済みと考える理由には十分です。

魔虚羅の出し入れが自由

魔虚羅が両面宿儺に調伏されている理由は「魔虚羅を式神としての出し入れが自由になっているから」です。

両面宿儺は伏黒恵が調伏した式神のように魔虚羅を自由に出し入れをしていました。

「壊される前に解いた方がいいな」

このセリフから伏黒恵の調伏している式神の玉犬や鵺などは壊されそうだから解くという出し入れが自由なことがわかります。

両面宿儺が調伏した魔虚羅も伏黒恵の玉犬や鵺と同じように出し入れができるのしょう。

万との戦いで魔虚羅を召喚し、魔虚羅のあらゆる事象の適応により万に勝利。

役目を果たした魔虚羅は消えていたので両面宿儺により魔虚羅は調伏済みと言えます。

万vs両面宿儺の戦いで調伏の儀の場合を行った場合は万と両面宿儺を倒すまでは魔虚羅は消えないはずですからね。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】魔虚羅(まこら)の調伏条件とは?

魔虚羅の調伏条件は「術師本人が式神を調伏すること」です。

複数人で調伏の儀を行うことは可能ですが意味はありません。

詳しくみていきましょう。

術師本人と調伏した式神で調伏すること

魔虚羅の調伏条件は「術師本人と式神を駆使して調伏の儀ににて魔虚羅を倒すこと」です。

術師本人と式神を駆使して魔虚羅を調伏の儀ににて倒すは伏黒恵らのような十種影法術しか術式を持たない場合。

両面宿儺のように十種影法術に加えて自身の術式・御厨子や◾️開を使うことができれば魔虚羅を倒すことは楽になるでしょう。

魔虚羅の調伏条件は単純です。調伏したい式神を術師1人の力で倒すだけ。

魔虚羅を術師1人の力で倒すということ自体が難関でもありますね。

魔虚羅の能力はあらゆる事象の適応。一度受けた攻撃を解析し適応すること。

簡単に言うと一撃で魔虚羅を倒さないと一度見せた攻撃は通用しないということです。

伏黒恵が魔虚羅を調伏するのはかなり難しいでしょう。

呪術廻戦のキャラで魔虚羅を倒せるのは両面宿儺、五条悟ぐらいではないですかね。

それぐらい魔虚羅はチート級の強さ。

両面宿儺が伏黒恵に受肉し魔虚羅を調伏したことには伏線があるのではないかと筆者は考察しています!

複数人での調伏は無意味

魔虚羅の調伏条件は「複数人での調伏は無意味になるということ」です。

魔虚羅の調伏条件ではないですが注意したいこと。

伏黒恵を含め過去の十種影法術を使う術師が一度も魔虚羅を調伏できなかったのは調伏の儀が複数人では意味がないからでした。

複数人なら魔虚羅を倒すことは可能でしょう。

複数人では無意味になるという設定が魔虚羅を調伏できない原因です。

十種影法術の術師が魔虚羅を自由自在に使えると伏黒恵が五条悟に並ぶほどの強さを得ることになりますね。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】両面宿儺が魔虚羅(まこら)を調伏している理由と条件まとめ!

【呪術廻戦】両面宿儺は魔虚羅(まこら)を調伏していた!調伏の条件とは?でした。

両面宿儺が魔虚羅(まこら)を調伏している理由は以下の通りです!

両面宿儺が魔虚羅(まこら)を調伏している理由まとめ

  • 両面宿儺に頭の上に調伏済みの証をみられる法陣があるから
  • 魔虚羅が召喚されても両面宿儺を襲わずにいるから
  • 魔虚羅を式神としての出し入れが自由になっているから

魔虚羅が両面宿儺に調伏されていることは間違いないですね^^

魔虚羅の調伏条件は以下の通りです!

魔虚羅の調伏条件まとめ

  • 術師本人と式神を駆使して調伏の儀ににて魔虚羅を倒すこと
  • 複数人での調伏は無意味になるということ

両面宿儺にとっては魔虚羅の調伏は容易いはずです。

渋谷事変でも魔虚羅が両面宿儺に倒されていることから間違いなく調伏されていますね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました