PR

【薬屋のひとりごと】翠苓(すいれい)の正体とは?性別や相関図で解説!

スポンサーリンク
アニメ

薬屋のひとりごとに登場する翠苓(すいれい)の正体や性別相関図にについての記事です。

アニメでも登場した翠苓(すいれい)の正体が気になりませんか?

翠苓(すいれい)は薬の知識が豊富で薬草の栽培をしていましたよね。これが原因で事件の犯人の容疑者として名前が上がってしまう。

翠苓(すいれい)は高身長で顔立ちもよくモデルような感じです。とても印象的なキャラで猫猫に対しても冷静で敵対心、ライバル心があるようにも見えますね。

翠苓(すいれい)の正体と性別、翠苓との相関図をまとめました!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】翠苓(すいれい)の正体とは?

翠苓(すいれい)の正体

  • 先帝の孫
  • 楼蘭妃とは異母姉妹
  • 本当の名前は子翠
  • 父親は子昌
  • 薬の知識は元医官に教わった

翠苓の正体について詳しくみていきましょう。

翠苓の正体その1:先帝の孫

翠苓の正体は「皇族の血を引く先帝の孫」です。

翠苓が先帝の孫である理由は翠苓の母親は先帝と侍女の大宝の娘だから。

先帝は大人の上級妃には恐怖心があり後継者をつくることができません。

ロリコン先帝と言われる所以

当時、幼かった侍女の大宝との間に子どもを作ってしまったのが翠苓の母親です。

翠苓の正体その2:楼蘭妃とは異母姉妹

翠苓の正体は「翠苓と楼蘭妃は母親違いの異母姉妹」です。

翠苓と楼蘭妃が異母姉妹なのは父親が同じで母親が違うから。

翠苓の母親は先帝と大宝の娘

楼蘭妃の母親は神美

父親は同じ子昌になるので異母姉妹となります

翠苓と楼蘭妃はとても仲良しの姉妹ですが後宮や外廷では姉妹だと理解している人はいないでしょう。

翠苓の正体その3:神美から虐待を受けている

翠苓の正体は「楼蘭妃の母親・神美から酷い虐待を受けている」です。

翠苓が神美から酷い虐待を受けるのは翠苓の母親が神美の元侍女だったから。

神美は上級妃として先帝の後宮に行きましたが先帝の相手になったのは自分の侍女でした。

神美は婚約者がいながらも後宮に行ったのに相手にはされずにしかも自分の侍女が先帝と子どもを作ったとなると怒るのは無理もありません

先帝と自分の侍女である大宝の子どもが翠苓の母親であり、その娘となので怒りに任せて虐待をしました。

翠苓の正体その4:本当の名前は子翠

翠苓の正体は「翠苓の本当の名前は子翠」です

翠苓は子翠と名乗っていない理由は楼蘭妃の母親・神美に子を名乗ってはいけないと言われたから。

翠苓は先帝と大宝の孫だからということで神美から嫌われており、子の一族なのに子を名乗るなと言われています。

本当は子翠という名前舵だけど神美に逆らうことができず翠苓と名前を変えました。

翠苓の正体その5:父親は子昌

翠苓の正体は「翠苓の父親は子の一族の当主・子昌」です。

翠苓の両親は

  • 父親→子昌
  • 母親→先帝と大宝の娘

です。翠苓の母親に名前はありません。

父親が子昌なのは先帝に翠苓の母親を妻にしてくれと頼まれたからです。

先帝に頼まれて翠苓の母親を妻に迎えて翠苓が産まれました。

子昌は神美と婚約していたので先帝の頼みとはいえ悔しかったでしょう。

翠苓の正体その6:元医官に薬の知識を教わる

翠苓の正体は「翠苓の薬の知識は元医官に教えもらった」です。

翠苓が猫猫に負けないほどの薬と毒に詳しいのは元医官だった男性に教えもらったから。

元医官とは翠苓の母親の出産を担当した医官のことです。翠苓の母親は先帝の子どもではなく医官の子どもということにされ医官は翠苓の母親とともに追放される。

この頃の宦官は去勢をする必要がなかったので誰でも子どもを産める状態です。

追放され子昌に引き取られ子の一族で翠苓に薬や毒について教えあげることになりました。

翠苓が作った蘇りの妙薬は医官が作ったものですね。

猫猫も蘇り妙薬は作れないので医官は猫猫よりも薬の知識は豊富と言えます!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】翠苓(すいれい)の性別は?

翠苓の性別は「女」で確定です。

なぜ翠苓は性別が女なのに宦官として変装できたのか詳しくみていきましょう。

翠苓の性別は女

翠苓の性別は「女」です。

翠苓は女性でありながらも長身でスタイルもモデル体型に近いですよね。

上級妃のような化粧もしておらず自然体なので壬氏のような中性に見えます!

翠苓の声優は名塚佳織さん。映画ONE PIECE F ILM REDのウタ役でしたね。

女性の声優で強い人の声優が多い印象です。

翠苓も可愛い声ではなく中性的に聞こえるので性別がややこしいと感じるのかも知れません。

翠苓の性別は女だから宦官に変装できた

翠苓は性別が女だからこそ宦官に変装できました。

後宮に宦官として務める時に去勢されているか確認されますが裸になってまで確認はしないからです。

翠苓が男性であれば宦官に変装して後宮にはいることはできませんよね。

翠苓が女であり、中性的な顔立ちだからこそ宦官に変装しバレずに後宮に出入りできたのです。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】翠苓(すいれい)の相関図まとめ!登場人物との関係について!

翠苓の相関図の登場人物との関係についてまとめました!

翠苓(すいれい)に関わる相関図

  • 翠苓と楼蘭妃は「異母姉妹」
  • 翠苓と先帝は「祖父と孫」
  • 翠苓と子昌は「親子」
  • 翠苓と神美は「義理の母親」

詳しくみていきましょう。

翠苓と楼蘭妃は異母姉妹

翠苓と楼蘭妃の関係は「異母姉妹」です。

翠苓と楼蘭妃の父親は子昌。母親が違うだけなので異母姉妹となります。

翠苓の母親は死亡してしまうので最終的に翠苓と楼蘭妃の母親は神美に。

翠苓にとっては義理になりますが。

翠苓の方が年齢は1つ上になるので姉。楼蘭妃が妹という立ち位置。

関係は楼蘭妃が上で翠苓が下。

翠苓と先帝は祖父と孫

翠苓と先帝の関係は「祖父と孫」です。

翠苓の祖父は先帝。先帝の孫は翠苓。

翠苓が大人になる頃は先帝は死亡していました。

翠苓と翠苓の母親を気にしていたので会えずに死亡したのは可哀想ではあります。

翠苓と子昌は親子

翠苓と子昌の関係は「親子」です。

翠苓の母親と子昌の子どもが翠苓。

子昌にとって翠苓の母親は先帝との約束で妻にしただけで本当に妻にしたかったのは神美。

複雑な気持ちだったのでしょう。

何十年も寝れないほど悩んでいたとセリフでもありました。

翠苓と神美は義理の母親

翠苓と神美の関係は「義理の母親」です。

翠苓には翠苓の母親がいますが死亡したことによって子昌の妻である神美が義理の母親に。

虐待さられるので翠苓にとっては最悪の母親ですよね。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】翠苓(すいれい)の目的とは?

翠苓の目的は全て神美の指示で動いていました。

翠苓の目的は

  • 壬氏暗殺
  • 子の一族のための諜報活動

翠苓は自分の感情では動いておらず全て神美のために行動しています。

怯えながらも神美に逆らうシーンもあるので感情が全くないわけではありません。

アニメを見ていると何を考えているのかわかりませんよね。

詳しくみていきましょう。

翠苓の目的は全て神美の指示

翠苓の目的は「神美の指示で行動している」です。

翠苓自身の目的はなく、神美の目的のために外廷勤務や宦官に変装して後宮に出入りしています。

神美の目的は皇族を殺すこと。現帝や壬氏を殺すということ。

理由は先帝のこともありますが壬氏が美しくあり過ぎるからです。

翠苓に暗殺を仕向けました。

翠苓が外廷にいるのは壬氏を殺すため

翠苓が外廷勤務をしているのは「壬氏を暗殺するため」です。

壬氏を暗殺するのは神美の目的。実際実行しているのは翠苓。

壬氏を暗殺するために幾つもの仕掛けが施されており翠苓の計画性と行動力には驚きましたね。

翠苓が猫猫を拉致したのは子の一族を守るため

翠苓が後宮にいる理由は「子の一族の諜報活動と医官の確保のため」です。

翠苓は壬氏暗殺を失敗し、神美の指示で再び後宮に戻ってくる。その理由が子の一族の諜報活動のため。

猫猫を拉致したのは神美の前では医官の確保としていますが本当の理由は猫猫に子の一族の子どもを助けてもらいたいから。

子の一族は皇族に対して謀反を起こします。謀反を起こせば子の一族は死刑になるでしょう。

死刑から助けるために猫猫に託すから拉致したのです。

猫猫と壬氏、蘇りの妙薬のおかげで子どもと翠苓は生きることに。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】翠苓(すいれい)のその後は?

翠苓のその後は「阿多の離宮にて生活している」と「出かける時は見張り付き」です。

詳しくみていきましょう。

阿多の離宮にて生活している

翠苓のその後は「阿多の離宮にて生活している」です。

翠苓は子の一族の謀反に加担しているのは事実なので阿多の離宮で生活しているのは罰になります。

子の一族にいるよりはマシですが自由ではないでしょう。

見張りがついている

翠苓のその後は「西都に行くときに見張りがついてる」です。

翠苓は子の一族の諜報活動として外廷や後宮に忍び込んだこともありかなり警戒されている。

翠苓はどこに行くのも1人ではなく必ず見張りがついています。

それほど危険な人物と言えますね。神美がいなくなったので翠苓が諜報活動や暗殺をすることはないですね。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと)翠苓(すいれい)の正体・性別・相関図まとめ!

【薬屋のひとりごと】翠苓(すいれい)の正体とは?性別や相関図で解説!でした。

翠苓(すいれい)の正体については以下の通りです。

翠苓(すいれい)の正体まとめ!

  • 皇族の血を引く先帝の孫
  • 翠苓と楼蘭妃は母親違いの異母姉妹
  • 楼蘭妃の母親・神美から酷い虐待を受けている
  • 翠苓の本当の名前は子翠
  • 翠苓の父親は子の一族の当主・子昌
  • 翠苓の薬の知識は元医官に教えもらった

翠苓が隠している正体は多くありましたね^^

翠苓の性別は「女」で確定です。翠苓との相関図は以下にまとめました!

翠苓との相関図まとめ!

  • 翠苓と楼蘭妃の関係は「異母姉妹」
  • 翠苓と先帝の関係は「祖父と孫」
  • 翠苓と子昌の関係は「親子」
  • 翠苓と神美の関係は「義理の母親」

翠苓の出生や関わる人物との相関性がわかったと思います!

翠苓の正体や性別、相関性はわかりにくく何回も読んで理解するほど。

翠苓のことがわかれば薬屋のひとりごとは面白くなりますね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました