PR

【薬屋のひとりごと】子翠の正体は楼蘭妃?本当の目的と秘密を解説!

スポンサーリンク
アニメ

薬屋のひとりごとに登場する子翠の正体についての記事です。

子翠の正体は楼蘭妃だと気づきましたか?

子翠は小蘭と仲良く猫猫とも仲良くなりとても下女に見えません。

子翠の正体が楼蘭妃なのは理由があります。子翠の目的や後宮にきた理由を知ると今後の薬屋のひとりごとが面白くなりますよ!

子翠の正体が楼蘭妃の理由、子翠の正体がわかるのは何巻で読めるのか、子翠の目的やその後、翠苓との関係についてもまとめました!

楼蘭妃の正体についても解説しています。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠の正体が楼蘭妃の理由とは?

子翠の正体は楼蘭妃です!

子翠の正体が楼蘭妃の理由は3つあります!

子翠の正体が楼蘭妃の理由

  • 子翠と楼蘭妃の背丈が同じだから
  • 子翠という下女はいないから
  • 下女にしては教養があるから

詳しくみていきましょう。

子翠と楼蘭妃の背丈が同じだから

子翠の正体が楼蘭妃の理由は「子翠と楼蘭妃の背丈が同じだから」です。

子翠と楼蘭妃は同一人物なので背丈が同じ当たり前なのですが。

楼蘭妃と猫猫の接点はほとんどありません。猫猫の夜伽の授業でも楼蘭妃は興味なし。

子翠は小蘭と仲良しだったため自然と猫猫と子翠は仲良くなります。

猫猫は子翠の正体が楼蘭妃だとすぐに気づきませんでしたが違和感は感じていましたね。

子翠という下女はいないから

子翠の正体が楼蘭妃の理由は「子翠という下女は後宮にはいないから」です。

後宮には子翠という名前の下女は存在しません。

子翠を知るために高順と壬氏が調べましたが情報は全くなく存在しないことがわかる。

楼蘭妃が下女に変装して子翠と名乗り行動していたからどれだけ調べても子翠という名前の下女はいない。

子翠という下女が存在しないことが子翠の正体が楼蘭妃であることだと言えます!

下女にしては教養があるから

子翠の正体が楼蘭妃の理由は「下女にして博識で学問にも通じているから」です。

下女として行動していた子翠は下女らしくない知識を発揮しました。

子翠が怪談話をする時は猫猫も別人だと感じるほどの話術や言葉を知っておりとても下女に見えないです。

他にも虫に詳しかったりと下女とは思えない点はありました。

豊富な知識と文字の読み書きができるの子翠の正体は楼蘭妃です。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠の正体が楼蘭妃とわかるのは何巻の何話?

子翠の正体が楼蘭妃とわるのは何巻の何話

  • 小説の4巻
  • ビックガンガン漫画14巻
  • サンデーGX漫画の17巻
  • アニメの第2期

子翠の正体が楼蘭妃と分かったのは声でした。

猫猫が子翠の声と楼蘭妃の声が同じだと気づいたからです。

子翠の正体が楼蘭妃とわかるシーンを読むならサンデーGX漫画がおすすめ!

詳しくみていきましょう。

小説:4巻の15話

小説で子翠の正体が楼蘭妃とわかるのは「小説の4巻15話『砦』」です。

子翠の正体が楼蘭妃とわかるのは小説では4巻の15話『砦』という話でした。

15話が始まってすぐに猫猫がわかってしまいます。

ビックガンガン漫画:14巻

ビックガンガン漫画で子翠の正体が楼蘭妃とわかるのは「14巻」になるでしょう。

ビックガンガン漫画は小説の内容に追いついていないので子翠の正体が楼蘭妃わかるのは14巻になると予想しました。

2024年3月に13巻が発売され、14巻は2024年中に発売されるはず。

サンデーGX漫画:17巻の68話

サンデーGX漫画で子翠の正体が楼蘭妃とわかるのは「17巻の68話『神美』」です。

サンデーGX漫画では17巻の68話『神美』で子翠の正体が楼蘭妃とわかり翠苓との関係やどうやって育ってきたのかわかることになる。

アニメ:第2期

アニメで子翠の正体が楼蘭妃とわかるのは「第2期」になるでしょう。

薬屋のひとりごとが第2期も2クールであれば第2期に子翠の正体が楼蘭妃とわかるシーンが放送されます。

薬屋のひとりごと第2期はいつになるかわかりませんので小説か漫画で観るのがおすすめ!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠(楼蘭妃)の本当の目的とは?

子翠(楼蘭妃)の目的は3つあります。

子翠(楼蘭妃)の目的

  • 子の一族の滅亡
  • 翠苓の手伝い
  • 薬師の捜索

詳しくみていきましょう。

子の一族の滅亡

子翠(楼蘭妃)の目的は「子の一族が滅亡するために後宮や外廷で行動をしていた」です。

子翠(楼蘭妃)は母親である神美の言動をみて子の一族は滅亡した方が良いと考えているから。

子の一族は皇族に内緒で

  • 壬氏暗殺を計画したこと
  • 砦を勝手に子の一族の領土にしたこと
  • 鉄砲の製造をしていること

子翠(楼蘭妃)は子の一族がダメなことをしていることをわかっており子の一族を滅亡へと導くように行動します。

翠苓の手伝い

子翠(楼蘭妃)の目的は「外廷で壬氏暗殺のために行動している翠苓の手伝い」です。

翠苓と子翠(楼蘭妃)は異母姉妹なのでお互い知っている状態。

翠苓の壬氏暗殺を確実なものにするために子翠(楼蘭妃)も後宮と外廷で行動していました。

子翠(楼蘭妃)は翠苓を慕っているので翠苓の手伝いをすることは嬉しかったと思います!

子翠(楼蘭妃)が翠苓を手伝うのはあくまで目的の中の1つ。

薬師の捜索

子翠(楼蘭妃)の目的は「不老不死の妙薬を作れる薬師を探すこと」です。

不老不死の妙薬は翠苓も言ってましたが1番欲しがっているのは子翠(楼蘭妃)の母親・神美。

以前までいた薬師は死亡しており不老不死の妙薬を作り出すことはできませんでした。

また新たに不老不死の妙薬を作れる薬師を後宮や外廷から引き抜くために子翠(楼蘭妃)は行動します。

以前までいた薬師こそ翠苓に薬や毒の知識を与えた師匠でした。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠(楼蘭妃)と翠苓の関係は?

子翠(楼蘭妃)と翠苓の関係は2つあります。

子翠(楼蘭妃)と翠苓の関係

  • 子翠(楼蘭妃)と翠苓は異母姉妹
  • 子翠(楼蘭妃)は翠苓を姉だと慕っている

詳しくみていきましょう。

子翠(楼蘭妃)と翠苓は異母姉妹

子翠(楼蘭妃)と翠苓の関係は「異母姉妹」です

子翠(楼蘭妃)と翠苓の父親が同じで母親が違うので異母姉妹。

子翠(楼蘭妃)の母親は神美。翠苓の母親は先帝と大宝の娘です。父親は共に子昌。

簡単に説明します!

子昌は神美と婚約していましたが先帝の後宮入りしたことで婚約破棄。

先帝と後宮に入った神美の侍女・大宝の間に子どもが産まれたのが翠苓の母親。

先帝に信頼されていた子昌が翠苓の母親を先帝から託されます。

子昌は神美と結婚できないので翠苓の母親と結婚し翠苓が産まれる。

神美が後宮から離れて子昌と結婚。子昌と神美と間に楼蘭が産まれる。

翠苓と楼蘭は子昌が父親で母親が違う異母姉妹となります。

子翠(楼蘭妃)は翠苓のことを慕っている

子翠(楼蘭妃)と翠苓の関係は「子翠(楼蘭妃)が翠苓を慕っていること」です。

子翠(楼蘭妃)は翠苓より1年後に生まれているので翠苓を姉だと慕っている。

子翠(楼蘭妃)は神美にこき使われている翠苓を助けたいと考えていました。

そのためには子の一族の滅亡まで考えるほど。

両親よりま翠苓を助けたいと思うほど翠苓を慕っていたということがわかりますね!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠(楼蘭妃)のその後は?

子翠(楼蘭妃)のその後は「禁軍に鉄砲で撃たれて城から飛び降りた」です。

誰も子翠(楼蘭妃)の死亡を確認していません。

玉藻と名前を変えて生存しています。

詳しくみていきましょう!

禁軍に鉄砲で撃たれて城から飛び降りた

子翠(楼蘭妃)のその後は「禁軍に鉄砲で体を撃たれて城から飛び降りた」です。

禁軍は子の一族を鉄砲を用いて鎮圧していて子翠(楼蘭妃)は逃げ切ることができず鉄砲で体を撃たれて城から飛び降りました。

子の一族は皇族に対して秘密に鉄砲の製造をしていたのを禁軍にバレて禁軍も鉄砲を使い謀反を鎮圧することに。

子昌は禁軍により死亡。神美も死亡した可能性が高いですね!

玉藻と名前を変えて生存

子翠(楼蘭妃)のその後は「玉藻と名前を変えて市場にて生存している描写がある」です。

子翠(楼蘭妃)は城から飛び降りてから生死については確認されていません。

子翠(楼蘭妃)は死亡したと思われていましたがある市場で玉藻という名前で登場します。

子翠(楼蘭妃)=玉藻とは明確に描かれてはいませんが玉藻は子翠(楼蘭妃)である可能性は非常に高いと言えますね!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】楼蘭妃の正体について!

楼蘭妃の正体は3つあります。

楼蘭妃の正体

  • 子の一族の当主・子昌の娘
  • 子の一族の滅亡のために後宮にきた
  • 子翠と楼蘭妃は同一人物

それぞれ詳しくみていきましょう。

子の一族の当主・子昌の娘

楼蘭妃の正体は「子の一族の当主・子昌と神美の娘」です。

楼蘭妃は阿多妃の後釜として後宮にきました。

楼蘭妃だった理由は子昌の推薦です!

子昌は後宮に対してある程度の融通がきくほどの権力者。

阿多妃の後釜として子昌が楼蘭妃を推薦し後宮に入りました。

子昌と楼蘭妃は壬氏暗殺という目的のために行動しています。

子の一族の滅亡のために後宮にきた

楼蘭妃の正体は「子の一族の滅亡のために後宮で行動している」です。

楼蘭妃は子昌に壬氏暗殺のために後宮入りしたと思っているが楼蘭妃は子の一族が滅亡するために後宮で情報を集めていました。

子昌と目的と楼蘭妃の目的は違うということ。

子昌は壬氏暗殺のため。楼蘭妃は子の一族滅亡のため。

子昌や神美は楼蘭妃に子の一族を滅亡に追い込まれるとは思っていないでしょう。

子翠と楼蘭妃は同一人物

楼蘭妃の正体は「子翠と楼蘭妃が同一人物だということ」です。

今まで説明したように楼蘭妃と子翠は同一人物

楼蘭妃の姿で後宮や現帝を見定め、子翠の姿で外廷や後宮の周りで行動していました!

翠苓の壬氏暗殺にも関わっている可能性はありますね^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠の正体と目的と楼蘭妃の正体まとめ!

【薬屋のひとりごと】子翠の正体は楼蘭妃?本当の目的と秘密を解説!でした。

子翠の正体は楼蘭妃でした!

子翠(楼蘭妃)の本当の目的は以下の通りです!

子翠(楼蘭妃)の本当の目的まとめ

  • 子の一族が滅亡するために後宮や外廷で行動をしていた
  • 外廷で壬氏暗殺のために行動している翠苓の手伝い
  • 不老不死の妙薬を作れる薬師を探すこと

子翠(楼蘭妃)の目的は子の一族の滅亡。猫猫と同じ年齢でここまで考えることができるのは凄いですね^^

楼蘭妃の正体については以下の通りです!

楼蘭妃の正体についてまとめ

  • 子の一族の当主・子昌と神美の娘
  • 子の一族の滅亡のために後宮で行動している
  • 子翠と楼蘭妃が同一人物だということ

楼蘭妃の正体がアニメで見れるのが楽しみですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました