PR

【薬屋のひとりごと】子翠(楼蘭妃)のその後は生きているのか徹底解説!

スポンサーリンク
アニメ

薬屋のひとりごとに登場する子翠(楼蘭妃)のその後を解説した記事です。

子翠(楼蘭妃)のその後は生きているのか気になりませんか?

子の一族は謀反により処刑は決まりまたよね。子翠(楼蘭妃)ももちろん例外ではありません。

子翠(楼蘭妃)のその後と生きている理由について、楼蘭妃の正体についてもまとめました!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠(楼蘭妃)のその後はどうなった?

子翠(楼蘭妃)のその後は「飛発で体を撃たれて城から自殺したようにみせた」です。

子翠(楼蘭妃)は生きてます。ただ、名前を変えているので子翠(楼蘭妃)ではありません。

詳しくみていきましょう。

子翠(楼蘭妃)は死亡したように見せた

子翠(楼蘭妃)のその後は「飛発で体を撃たれて城から飛び降りて自殺したように見せた」です

子翠(楼蘭妃)を飛発で撃った禁軍は城から飛び降りて自殺し死亡したと思っているでしょう。

子翠(楼蘭妃)を含む子の一族は禁軍に追い込まれており逃げ切る状況ではありません。

禁軍からすれば子翠(楼蘭妃)は生きることが難しいと考えて自殺を選んだのだと。

子翠(楼蘭妃)が自殺した場所は谷で雪に覆われており死体を探すのは禁軍にとっては困難でした。

子翠(楼蘭妃)という名前は死亡した言えるでしょう。

子翠(楼蘭妃)は名前を変えて生存

子翠(楼蘭妃)のその後は「玉藻と名前を変えて生存している」です。

玉藻と名前を変えたのが子翠(楼蘭妃)とは明確には描かれているわけではありません。

玉藻と子翠(楼蘭妃)が同一人物である可能性が非常に高です。

玉藻と子翠(楼蘭妃)が同一人物の理由は2つ。

  • 宝石商が手に入れることができない簪
  • 後宮にいてもおかしくない整った顔

商人が玉藻の顔をみてそこらにいる娘ではないと感じついつい会話をしてしまう。

簪の説明には壬氏が猫猫に渡した簪にそっくり

その細工の精巧さと美しさは到底、露天の宝石商がまみえる品ではなかった。簪の平べったい飾り部分に、穿ったような跡がある。なにか丸いものが埋め込まれたような形だ。

丸い何かというのが壬氏が猫猫に渡した簪とそっくりな部分。

猫猫は子翠(楼蘭妃)に簪を渡しているのでもし同じものであれば玉藻は子翠(楼蘭妃)となります!

子翠(楼蘭妃)の思惑通り子の一族が滅亡

子翠(楼蘭妃)のその後は「子翠(楼蘭妃)の思惑通りに子の一族の大人を滅亡できた」です。

子の一族の子翠(楼蘭妃)を含む大人を死亡させ子の一族を滅亡したこと。

子翠(楼蘭妃)は子の一族は国とっていらないと判断しましたが子どもは関係ありません。

子の一族の子どもに関しては猫猫に託しました

子の一族の子どもは名前を変えて今も生存しています。

子翠(楼蘭妃)や翠苓、子の一族の子ども生存していることを考えると子翠(楼蘭妃)の思惑通りに物事が進んでいきましたね^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠(楼蘭妃)は生きている理由を解説!

子翠(楼蘭妃)は生きています!

子翠(楼蘭妃)が生きている理由

  • 死体が発見されていない
  • 猫猫からもらった簪の伏線回収
  • 作者の日向夏先生が生存を明言

作者・日向夏先生が子翠(楼蘭妃)=玉藻と明言しているの間違いないです。

詳しくみていきましょう。

死体が発見されていない

子翠(楼蘭妃)が生きている理由は「禁軍に死体を発見されていないから」です。

子翠(楼蘭妃)が城から落ちた場所は谷底で雪も積もっていたこともあり禁軍は捜索できません。

地形を利用したのかはわかりませんが捜索しても無駄になる可能性と子翠(楼蘭妃)は飛発で体を撃たれていることから死亡したと判断されました!

簪が壊れていたと宝石商が言ってたので守られたのかも^^

猫猫からもらった簪の伏線回収

子翠(楼蘭妃)が生きている理由は「猫猫からもらった簪を返すという伏線回収があるから」です。

子翠(楼蘭妃)が猫猫からもらった簪は貴重なもの。これをそのまま死亡して返さないというのは理不尽でしょう。

猫猫も子翠(楼蘭妃)に返してねと言ってるのでこの伏線の回収はしますよね。

伏線回収をするとなると子翠(楼蘭妃)は生きている理由になります!

簪を返すという伏線はすでに回収されているので子翠(楼蘭妃)は生きているが今後無理に登場することはないかもしれません。

作者・日向夏が生存を明言

子翠(楼蘭妃)が生きている理由は「作者・日向夏先生が子翠(楼蘭妃)は玉藻であると明言しているから」です。

作者・日向夏先生がブログで解説してくれてしました!

楼蘭妃→子翠→玉藻というふうに書かれています。

楼蘭妃と子翠は同一人物でそこから玉藻にだと書かれていたので玉藻は子翠(楼蘭妃)。

玉藻が生きているなら子翠(楼蘭妃)は生きていることになりますよね^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】楼蘭妃の正体について解説!

楼蘭妃の正体は3つあります。

楼蘭妃の正体

  • 両親は子昌と神美
  • 翠苓と楼蘭妃は異母姉妹
  • 子の一族を滅亡させる

詳しくみていきましょう。

両親は子昌と神美

楼蘭妃の正体は「両親は子昌と神美」です。

楼蘭妃の父親はすぐに子昌と紹介されました。

子昌は子の一族の当主で後宮に発言できるほど人物。

神美は一度は後宮で先帝の上級妃になったこともある美貌の持ち主。

楼蘭妃が猫猫と同じ年齢で阿多妃の後釜になれたのは両親のおかげと言えます!

翠苓と楼蘭妃は異母姉妹

楼蘭妃の正体は「翠苓と楼蘭妃は異母姉妹」です。

楼蘭妃の両親は子昌と神美。翠苓の両親は子昌と先帝の娘です。

父親が同じで腹違いの姉妹ということ。

楼蘭妃と翠苓は仲が良く楼蘭妃は翠苓を慕っています。

楼蘭妃の母親・神美が翠苓のことを嫌っているため表面上は仲良くありません。

子の一族を滅亡させる

楼蘭妃の正体は「楼蘭妃は子の一族を滅亡させた」です。

楼蘭妃は後宮から勝手に逃げ出したり禁軍に処罰されます。

処罰される楼蘭妃は子の一族の領土に逃げ込むと子の一族の秘密である飛発の製造などをバラし製造工場を破壊。

楼蘭妃は後宮に入ったことも実は子の一族の滅亡されるためだった。

楼蘭妃が後宮から逃げだすことで子の一族のことを皇族が調べて子の一族の秘密を明らかにすることが目的です。

子の一族は娘の楼蘭妃によって滅亡させられました。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと子翠(楼蘭妃)のその後と生きているのかまとめ!

【薬屋のひとりごと】子翠(楼蘭妃)のその後は生きているのか徹底解説!でした。

子翠(楼蘭妃)のその後は以下の通りです!

子翠(楼蘭妃)のその後まとめ!

  • 飛発で体を撃たれて城から飛び降りて自殺したように見せた
  • 玉藻と名前を変えて生存している
  • 子翠(楼蘭妃)の思惑通りに子の一族の大人を滅亡できた

結果、子翠(楼蘭妃)は死亡することなく生存しています!

ただ、子翠(楼蘭妃)という名前は死亡しましたね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました