PR

【薬屋のひとりごと】子翠の最後をネタバレ!今後登場しない可能性が高い!

スポンサーリンク
アニメ

薬屋のひとりごとの子翠の最後をネタバレで解説している記事です!

子翠は小蘭と猫猫と仲が良く今後どうのように関わり子翠の最後はどうなるのか気になりませんか?

子翠は顔も整っており知識もあり行動力もあります。只者ではないし、何か大きな秘密を隠し持っているような感じがします。

子翠の最後をネタバレと今後登場するのか考察、子翠の正体、目的、翠苓との関係についてまとめました!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠の最後をネタバレ!

子翠の最後は「禁軍に飛発で体を撃たれ城から飛び降り子の一族から逃げ出し港で玉藻として名前を変えて生存している」です。

子翠の最後までをネタバレ!

  • 子翠は下女として後宮と外廷を調べる
  • 楼蘭妃(子翠)は翠苓に人質として後宮外に連れ出される
  • 子翠と翠苓は仲間だと猫猫は気づく
  • 子翠は飛発の製造場に火をつけて爆発させる
  • 禁軍に飛発で体を撃たれて城から飛び降りる
  • 玉藻と名前を変えて生存している

はじめに、子翠と楼蘭妃は同一人物です。

楼蘭妃は子の一族の汚点を後宮で作り、子の一族の領土に戻り戦争させ、自分を含む子の一族を滅亡させるのが最後でした。

詳しくみていきましょう。

飛発の製造場に火をつけて爆発させる

子翠の最後は「飛発の製造場に火をつけて爆発させて禁軍に対抗できなくする」でした。

子の一族は皇族に秘密で飛発の製造場を行なっていました。

これを知った子翠は子の一族はダメなことをしていると感じ今の国には子の一族はいらないと考える。

禁軍を子の一族の領土に向かわせると共に飛発の製造場に火をつけて爆発させて子の一族に抵抗できなくします。

子翠自身も危険になりますが両親の尻拭いと思って行動でしたね!

禁軍に飛発で体を撃たれて城から飛び降りる

子翠の最後は「禁軍に飛発で体を撃たれて逃げ切ることが困難と思い城から自殺したように飛び降りる」です。

子翠は飛発の製造場を爆発させ子の一族に抵抗できなくして禁軍の進軍を進めました。

子の一族の当主である子昌や神美も禁軍に殺されてしまい子翠も逃げますが逃げ切ることはできず。

子翠は禁軍に発見され飛発で胸部付近を撃ち抜かれ子の一族の城から自殺したように飛び降りました。

城は決して低くはなく、積雪により子翠の死体を探し出すのは困難のため禁軍は子翠は死亡した勘違いをします。

子翠の最後はここまでとなります。子翠(楼蘭妃)は世間的にはここで死亡となり最後となりました。

玉藻と名前を変えて生存している

子翠の最後は「玉藻と名前を変えて子翠は生存しており宝石商に猫猫からもらった簪を売る」です。

子翠は禁軍に飛発を体に撃たれて城から飛び降りて死亡した思われていましたが実は玉藻と名前を変えて生きていました!

薬屋のひとりごとでは子翠(楼蘭妃)=玉藻と明確に描かれていませんが間違いなく玉藻は子翠です。

作者・日向夏先生のブログで子翠は玉藻だと書かれていました。

玉藻と名前を変えた子翠の最後は港で猫猫からもらったら簪を宝石商に売っていたのが最後になります!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠は今後登場しないのか考察!

子翠は今後登場しない可能性が高いと言えます!

理由は子翠の最登場する伏線がないのと子の一族は処刑にされたから。

子の一族で悪かったのは子昌と神美。子翠は関係ないので最登場する可能性が0ではありません。

詳しくみていきましょう。

子翠が登場する伏線がない

子翠が登場する可能性がない理由は「簪を猫猫に返す伏線がすでに回収されているから」です。

猫猫が子翠に渡した簪は園遊会の時に壬氏からもらったもの。

壬氏からもらった簪が一部壊れているとはいえ高価のものには変わりありません。

宝石商も手に入れることができないと言うほど

壬氏の簪はすでに子翠の手から離れており子翠が猫猫に直接返すために再登場というのはなくなりました。

壬氏の簪は商店で巡り巡って猫猫の元に帰ってくると思います。

子翠が再登場する1番の伏線がすでに回収されていると子翠の再登場はないかも。

翠苓と共に再び登場するかも

子翠が再登場する可能性は「翠苓と共に再登場する」です。

子の一族で生き残っているのは子翠と翠苓、子ども達。

翠苓と子ども達は阿多妃の離宮で生存しているので子翠が探し出して翠苓と子翠が再登場するかもしれません!

翠苓は猫猫に負けず劣らずの薬と毒の知識があり、子翠と翠苓ともに行動力もあります。

猫猫のライバルか仲間として再登場する可能性も0ではありません。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠の正体を解説!

子翠の正体は「楼蘭妃」です!

子翠の正体が猫猫にバレるのは声でバレてしまいます。

詳しくみていきましょう。

子翠の正体は楼蘭妃!

子翠の正体は「楼蘭妃」です!

後宮で上級妃として生活している楼蘭妃と小蘭と猫猫と仲良かった下女の子翠は同一人物。

子翠の父親は子昌。母親は神美。

子昌は壬氏に狩りを誘えるほどの権力者。神美は先帝の時代に上級妃として仕えていました。

神美は今は歳をとっているが美貌は間違いないと猫猫のお墨付きでもある。

楼蘭妃と子翠が同一人物だとバレなかったのは背丈や顔が似ている侍女と入れ替わっていたから。

入れ替わる必要があったら派手な衣装や毎回違うメイクをしており、無口なのは声でバレるからでした。

子翠の正体は声でバレる!

子翠が楼蘭妃だと猫猫にバレたのは「子翠と楼蘭妃の声が一緒だから」です。

猫猫も子翠と接するとき、楼蘭妃と接する時に違和感は感じていました。

確証できるほどの証拠もないし子翠と楼蘭妃が同一人物とは流石の猫猫でも考えません。

猫猫は楼蘭妃とはほとんど接点はありません。楼蘭妃の情報がないので子翠と比べることができず気づかなかった。

子翠と共に行動して楼蘭妃の声を聞くと確証します!

猫猫の感じていた違和感が繋がったような感じですね^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠の目的とは?後宮にいた意味は?

子翠の目的は「子の一族の滅亡」です。

子翠が後宮の上級妃になれたのは「両親の力が大きかったから」です。

詳しくみていきましょう。

子翠の目的は子の一族の滅亡

子翠の目的は「子の一族を滅亡させること」です。

子の一族は子翠の両親が権力を握っていて皇族に対して敵対するような行動をしているので子翠は子の一族は滅亡した方が良いと思っている

子翠の行動で子の一族は追い込まれて滅亡することになります。

両親の力で後宮入り

子翠が後宮に入りれたのは「楼蘭妃として後宮入りし子翠として変装していたから」です。

子翠の正体は楼蘭妃なので両親の力を使えば楼蘭妃が後宮に入りすることは難しくありません

楼蘭妃が後宮入りしたのは子昌と神美の目的を達成するため。

子昌と神美の目的は壬氏の暗殺。子昌が壬氏に狩りに誘いますが断れないように楼蘭妃を後宮に入れたのです。

祭事の暗殺も子昌と神美が指示したもの。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠と翠苓との関係について!

子翠と翠苓は名前は似ていますが同一人物ではありません。

子翠と翠苓の関係は「異母姉妹」と「子翠と翠苓」は一緒には暮らせないです。

子翠と翠苓は母親違いの異母姉妹。

子の一族の中で唯一大人が生存した子翠と翠苓ですが一緒に暮らすことはできません。

詳しくみていきましょう。

子翠と翠苓は異母姉妹

子翠と翠苓の関係は「母親違いの異母姉妹」です。

子翠の母親は神美。翠苓の母親は先帝の娘。

父親は同じ子昌となります。

子翠と翠苓は同じ子の一族。仲間であり姉妹という関係。

翠苓は神美に逆らえないように洗脳されているので翠苓を助けるのも子翠の目的でもあります

子翠と翠苓は一緒には暮らせない

子翠と翠苓の関係は「子の一族が処刑となったことで一緒に暮らすことができない」です。

子の一族は皇族に対して謀反を起こしたので子の一族は処刑処分となったことで子翠と翠苓は一緒に暮らすことはできません。

ただ、猫猫や壬氏が子の一族の謀反の真相を知り子昌と神美以外は助けることができると考えて子翠や翠苓、子の一族の子どもは生存。

子翠は港にいるのが最後になるので翠苓や子の一族の子どもを探し出すかもしれませんね。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】子翠の最後をネタバレまとめ!

【薬屋のひとりごと】子翠の最後をネタバレ!今後登場しない可能性が高い!でした。

子翠の最後は以下の通りです!

子翠の最後まとめ!

  1. 飛発の製造場に火をつけて爆発させて禁軍に対抗できなくする
  2. 禁軍に飛発で体を撃たれて逃げ切ることが困難と思い城から自殺したように飛び降りる
  3. 玉藻と名前を変えて子翠は生存しており宝石商に猫猫からもらった簪を売る

子翠の最後は玉藻として生存しているということでした!

猫猫からもらった簪を売ってしまうのも子翠らしいですよね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました