PR

【薬屋のひとりごと】梅梅は羅漢が好きだった?泣いた意味についても解説!

スポンサーリンク
アニメ

薬屋のひとりごとに登場する梅梅は羅漢のことが好きなのでしょうか?

羅漢が緑青館を訪れたときは梅梅が対応しているので仲が悪いということはありません。

猫猫目線だと羅漢の相手をできるなんて梅梅は凄いみたいになっているので羅漢は嫌なやつ見えますよね。梅梅は身請け先としては高い評価をしています。

梅梅が羅漢のことを好きだとわかるシーンをまとめました。さらに、梅梅が涙した意味も解説しています^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】梅梅は羅漢のことが好きだった?

梅梅は羅漢のことが好きで間違いありません。

梅梅は身請け先を羅漢でも良いと考えるほど羅漢に気を許していました。

梅梅が羅漢のことが好きだということを詳しくみていきましょう。

梅梅は羅漢のことが好きで間違いない

梅梅は羅漢のことが好きです。

梅梅が羅漢のことが好きだと明言されているわけではありません。

私が期待する前に終わっていれば良かったのに

という梅梅のセリフから羅漢のことが好きだったと言えます。

涙も流していましたからね。

壬氏が猫猫のことが好きだったり、李白が白鈴のことが好きだったりとわかりやすい言動がないので梅梅は羅漢のことが絶対に好きとは言えません。

それでも高確率で羅漢のことは好きだと言えますね^^

梅梅は身請け先を羅漢でも良いと考えていた

梅梅が羅漢のことが好きだと思ったのは「身請け先を羅漢でも良いと考えていたから」です。

身請け先に行くためには恋愛感情は必要ありませんが鳳仙のように両思いの方が良いですよね。

梅梅が羅漢のところに身請け先を選んだだけでは好きとは言えませんが好きだと言えるシーンがありました。

梅梅が羅漢に身請け先に選ばれなかったことで

  • 涙を流して膝から崩れ落ちたこと
  • 私が期待する前にという梅梅のセリフ

上記の2つの理由から梅梅が羅漢のことが好きだと言えます!

梅梅が涙を流したのは鳳仙と羅漢が一緒になれて良かったの意味と自分の恋が終わった意味の涙でしょう。

梅梅のセリフ

私が期待する前に終わっていれば良かったのにっ

このセリフは羅漢と鳳仙が両思いで身請けすると梅梅はわかっていました。

鳳仙と羅漢は何十年と会っておらずその間は羅漢の相手を梅梅がしています。

羅漢が心変わりをして梅梅を身請けするかも期待していた。

羅漢はどんな姿の鳳仙でも身請けをしたことで梅梅の恋は終わってしまいます。

梅梅は羅漢のことが好きだっと言えますね^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】梅梅が泣いた意味について解説!

梅梅が泣いた意味は3つあります!

梅梅が泣いた意味

  • 梅梅は羅漢のことが好きだった
  • 鳳仙と羅漢が両思いだと知っていた
  • 梅梅は羅漢に身請けされるほど身近な存在

梅梅の涙は自分の恋が終わってしまったことと鳳仙が羅漢に身請けされて良かったのどちらの意味もあると筆者は感じました。

詳しくみていきましょう。

梅梅は羅漢が好きだった

梅梅の涙の意味は「梅梅は羅漢のことが好き」です。

梅梅が涙を流したのは羅漢が鳳仙を身請けすると言った時。

梅梅は羅漢のことが好きで身請けしてほしいと思ったいたから羅漢が鳳仙を身請けすると言った時に泣いてしまったのです。

羅漢が鳳仙を諦めて猫猫を身請けしたいと緑青館に訪れていた時から相手をしていたのは梅梅でした。

知らず知らずのうちに梅梅は羅漢のことが好きなっていたのです。

猫猫は羅漢に身請けされるつもりはありませんので、鳳仙がいなければ羅漢は梅梅を身請けしていましたからね^^

鳳仙と羅漢が両思いなのも知っていた

梅梅の涙の意味は「鳳仙と羅漢が両思いを知っておりやっと一緒になれたから」です。

梅梅の涙は鳳仙と羅漢が何十年ぶりに再開し一緒になることになったから。

梅梅が三姫と呼ばれる前は鳳仙のもとで妓女として経験を積んでいました。

鳳仙と羅漢が両思いなのも知っています。

両思いの2人が一緒になれたことに梅梅は涙してしまう。

ずっと2人のことを見てきた梅梅からすると一緒になってほしいという気持ちが強かったのです。

梅梅の気持ちとしては嬉しさ半分悲しみ半分といったところではないでしょうか。

梅梅は羅漢に身請けされるほど身近な存在

梅梅の涙の意味は「羅漢に身請けされるほど身近な存在になったいたけど身請けされなかったから」です。

鳳仙が緑青館で働けなくなり羅漢の相手をしていたのは梅梅でした。

梅梅は長く羅漢のことを相手にしたことで羅漢から身請けされるほど身近な存在になります。

羅漢が身請けしたいのはもちろん猫猫と鳳仙。梅梅は3番手。

猫猫は羅漢に身請けされるつもりは全くないので鳳仙か梅梅。鳳仙の存在を知らない羅漢は梅梅を身請けしようとする。

直前で梅梅が鳳仙の存在を明らかにした。

羅漢は迷うことなく姿が変わった鳳仙を身請けします。

梅梅は羅漢に尽くしたがそれでも鳳仙には勝てず涙を流しました。

梅梅の涙の意味は羅漢との関係を築いていたが鳳仙の存在を知った羅漢には見向きをされなかったからです。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】梅梅は羅漢が好きだったのかまとめ!

【薬屋のひとりごと】梅梅は羅漢が好きだった?泣いた意味についても解説!でした。

梅梅は羅漢のことが好きでした。理由は2つあります。

  • 「私が期待する前に終わっていれば良かったのに」というセリフ
  • 羅漢が鳳仙の身請けを決めた時に涙を流しながら膝から崩れ落ちたから

梅梅が羅漢のことが好きだと名言しているわけではありませんが梅梅は間違いなく羅漢のことが好きです。

梅梅の今後どうなるのか楽しみですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました