PR

【転スラ】聖魔対立編をネタバレ!リムルとヒナタの一騎打ちはどうなる?

スポンサーリンク
アニメ

転生したらスライムだった件の聖魔対立編のネタバレ記事となります。

聖魔対立編はアニメ3期の1クールの内容になり聖騎士と魔王の激突が描かれています!

聖魔対立編は様々な思惑があり裏で糸を引いているキャラも多く黒幕が誰なのか気なるのが聖魔対立編ですね。続きが気になって仕方ありません!

  • 聖魔対立編のネタバレ
  • リムルとヒナタ・サカグチの一騎打ち

を詳しく解説してまとめました^^

スポンサーリンク

【転スラ】聖魔対立編をネタバレ!

転スラの聖魔対立編は「魔王達の宴(ワルプギス)での食事会から始まりディアブロと英雄ヨウムによるファルムス王国の乗っ取りとヒナタ・サカグチ率いる十大聖人の聖騎士との戦いまで」です。

聖魔対立編をネタバレ!

  • 魔王達の宴(ワルプギス)にて他の魔王と会合をする
  • 魔王となったリムルをジュラ・テンペンスト連邦国で出迎える
  • ディアブロがファルムス王国攻略を始める
  • ディアブロの計画通り英雄ヨウムをファルムス王国の重鎮に紹介する
  • ヒナタに偽の伝言を渡され単身でリムルに会い行く
  • リムルにヒナタ1人では危険と考え仲間が護衛する
  • 護衛についた聖騎士が勝手にリムル達に襲いかかる
  • リムルとヒナタの一騎打ちによりリムルの勝利
  • ヒナタの裏にいた七曜の老師が現れる
  • 魔王ルミナスが七曜の老師を倒し正体がバレる
  • 西方聖教会と和解しヨウムに新王になる

聖魔対立編の見どころは

  • リムルvsヒナタ
  • ディアブロの活躍
  • 魔王ルミナスの活躍

と2期で登場したキャラが活躍するのが見どころとなりますね^^

スポンサーリンク

【転スラ】聖魔対立編のネタバレを解説!

転スラの聖魔対立編の徹底解説します!

ネタバレを詳しくみていきましょう。

魔王達の宴(ワルプギス)にて他の魔王と会合をする

クレイマンを倒しリムル は魔王となりました。

クレイマンとリムルの戦いをみて魔王クレイと魔王カリオンは魔王を脱退。

十大魔王から八星魔王となり改めて8人の魔王で魔王達の宴(ワルプギス)が開催される。

8人の魔王とは

  • ギィ・クリムゾン
  • ミリム・ナーバァ
  • レオン・クオルウェル
  • ルミナス・バァレンタイン
  • ラミリス
  • ダグリュール
  • ディーノ
  • リムル ・テンペスト

の8人です。

今回の魔王達の宴(ワルプギス)の議題はリムル ・テンペストをどうするのかというのでした。

すでに解決済みなので魔王達の宴(ワルプギス)はただの食事会となってしまうためここからは自由参加。

食事会に参加したのは6名の魔王。ルミナスとレオンは参加せず帰ってしまう。

リムルはテンペスト連邦国で作っている葡萄酒を蒸留したブランデーを提供しリムルらしい外交を行った。ギィやダグリュールには好評。

魔王となったリムルをジュラ・テンペンスト連邦国で出迎える

魔王達の宴(ワルプギス)が終わりリムルはシオンとヴェルドラとともにテンペスト王国に帰還する。

出迎えたのはリグルドとディアブロ。

帰還したリムルにディアブロはハ大魔王の就任の祝いの言葉を贈る。

ディアブロはヴェルドラを3食分のデザートで買収しており魔王達の宴(ワルプギス)での出来事を逐一報告を受けていました。

ディアブロの情報収集の力にリムルは驚きを隠せません。

ディアブロにはファルムス王国を滅ぼし英雄ヨウムを新たな王にするという任務を任せていたのになぜジュラ・テンペスト連邦国にいるかは報告をするためでした。

ディアブロがファルムス王国攻略を始める

ディアブロがファルムス王国攻略を始めるために行ったのは肉塊になっていたレイヒム大司教や王宮魔術師ラーゼンを元の姿に戻すこと。

肉塊になっているのはレイヒム大司教と王宮魔術師ラーゼン、エドマリス王をリムルが捕虜として連れてきてシオンが尋問していたから3人は肉塊となりました。

肉塊となっても死亡しておらず意識を保ちながら生存してきます。

ディアブロによりレイヒム大司教と王宮魔術師ラーゼンが元の姿に復活したことを感謝しつつ肉塊のままのエドマリス王を元の姿にしてほしいとお願いする2人。

ディアブロにお願いすることはどういうことなのかラーゼンは理解していました。レイヒムはディアブロにビビり固まり対応できず。

ディアブロと一度対峙したラーゼンはディアブロの強さや凄さ、その主であるリムルに逆らうことができない思いディアブロの下僕の末席に加えてもらう。

レイヒム、ラーゼン、エドマリス王の3人が生き残るにはディアブロに従うしか道はありません。

ディアブロはファルムス王国攻略のためにファルムス王国で力のあるレイヒム、ラーゼン、エドマリス王を裏から操り攻略に進んでいく。

ディアブロの計画通り英雄ヨウムをファルムス王国の重鎮に紹介する

エドマリス王は肉塊のままラーゼンとレイヒムのみがファルムス王国へと帰還する。

ファルムス王国の重鎮達はジュラ・テンペスト連邦国に2万の軍を送り連絡が取れていなかったのか不安を隠せていませんでした。

2万の軍のことジュラ・テンペスト連邦国との戦いがどうなったのかラーゼンから聞くことに。

実際は2万の軍はリムルが魔王になるための生け贄になったので死亡しています。

そのまま伝えると再び戦争になるのでヴェルドラの復活により2万の軍は行方不明になったと伝えるようにディアブロから命令されていた。

ディアブロの復活ならとファルムス王国の重鎮達も渋々納得をする。ヴェルドラが復活し誰が沈めたのかファルムス王国の重鎮は気になり問いかける。

敵対したジュラ・テンペスト連邦国の領主のリムルが会話し鎮めたと。

リムルと面識が英雄ヨウムがファルムス王国の重鎮に紹介されヨウムがリムルとの間を取り持つこと。

ファルムス王国の攻略はディアブロの計画通りに進んでいく。

ヒナタに偽の伝言を渡され単身でリムルに会い行く

ファルムス王国の攻略は順調に進んでいるとリムルはディアブロから報告を受け安心する。

もう1つの問題はヒナタ・サカグチ率いる西方聖教会の問題となる。

リムルは戦争をしたいわけではないので話し合いをしたいとヒナタ・サカグチに伝言を送ることに。

伝言はヒナタ・サカグチと一騎打ちをしたいとリムルからの提案となる伝言に何者かによって改善されていました。

ヒナタ・サカグチは魔王ルミナスからリムルのことを聞いておりリムルに対する考えが変わっているので伝言の内容に不信感を感じ単身でジュラ・テンペスト連邦国に出向くことに。

魔王ルミナスとヒナタ・サカグチの繋がりは西方聖教会は魔王ルミナスの傘下です。

魔王ルミナスの正体は魔王ですが表向きは神ルミナスと崇められており、ヒナタ・サカグチは魔王ルミナスを崇拝している。

リムルにヒナタ1人では危険と考え仲間が護衛する

ヒナタ・サカグチは1人でジュラ・テンペスト連邦国に出向きリムルと話し合いに会うことに。

魔王となったリムルにヒナタ・サカグチ1人では行かせられないとヒナタ・サカグチを慕う聖騎士が護衛し一緒にジュラ・テンペスト連邦国に同行する。

西方聖教会の最高顧問の七曜の老師からは魔王リムルに対抗するためにヒナタ・サカグチに竜破聖剣(ドラゴンバスター)を授けた。

ヒナタ・サカグチらが出発したあとに七曜の老師から命令で100人ほどの聖騎士がヒナタ・サカグチの増援として同行する。

護衛についた聖騎士が勝手にリムル達に襲いかかる

ヒナタ・サカグチや聖騎士たちは無事にジュラ・テンペスト連邦国の領土にはいる。

ヒナタ・サカグチは話し合いを希望しているがリムルからすれば戦争するつもりなのかとも思える軍勢だった。

リムルもベニマルやソウエイなど率いてヒナタ・サカグチと相対する。

ヒナタ・サカグチとリムルは話し合うが意見が食い違い戦うしかない空気に。

七曜の老師から命令された聖騎士がリムルらに勝手に攻撃を開始する。

攻撃によりリムルとヒナタ・サカグチは戦うことを余儀なくされる。

リムルとヒナタの一騎打ちによりリムルの勝利

攻撃を開始した聖騎士らの軍勢とリムルの魔王の軍勢の戦いが始まる。

ヒナタ・サカグチの護衛にきていた十大聖人とベニマルやソウエイなど戦いも開始。

ちょうど数は同じなのでそれぞれに戦うが余裕のリムルらの魔王軍勢が有利に進める。

西方聖教会と魔王軍勢とは力の差は圧倒的だった。

リムルvsヒナタ・サカグチの一騎打ちが始まる。

一度は敗北したリムルだが魔王になったことでヒナタ・サカグチとの一騎打ちに勝利する。

ヒナタ・サカグチがリムルに敗北したことで竜破聖剣(ドラゴンバスター)が爆発しリムルに襲いかかるがヒナタ・サカグチがリムルを庇う。

ヒナタの裏にいた七曜の老師が現れる

竜破聖剣(ドラゴンバスター)が爆発したのは西方聖教会の最高顧問の七曜の老師の仕業。

ヒナタ・サカグチとリムルが邪魔だと思った七曜の老人は2人をぶつけることで排除しようとしたのです。

時を同じくしてディアブロが進めるファルムス王国の攻略にも七曜の老師が介入しレイヒム大司教が殺される。

レイヒム大司教殺害をジュラ・テンペスト連邦国のせいにしようとする。

レイヒム大司教の殺害とヒナタ・サカグチ、魔王リムルを含むジュラ・テンペスト連邦国を排除したことが七曜の老師の仕業だとディアブロが集めた証拠や竜破聖剣(ドラゴンバスター)が爆発しリムルを狙ったことで七曜の老師が裏で糸を引いていたことが公になった。

七曜の老師はリムルとヒナタ・サカグチを倒すために神聖系最強魔法を使用しますがリムルに通用せず。

魔王ルミナスが七曜の老師を倒し正体がバレる

リムルやヒナタ・サカグチを倒すことができないと考えた七曜の老師は撤退をすることに。

七曜の老師が撤退する前に魔王ルミナスが現れる。

重症のヒナタ・サカグチを魔王ルミナスはスキルにより復活させ、3人いた七曜の老師を魔王ルミナスの手により死亡。

他の3人はすでにディアブロの手で死亡。

7人いた七曜の老師は1人だけになるがこの1人もヒナタ・サカグチの腹心のニコラウスの霊子崩壊により死亡したことで七曜の老師は全滅。

人々には魔王ルミナスは神ルミナスとなっており魔王だと気づいているのはリムル陣営のだけ

国の最終防衛を任されていたヴェルドラは暇にのり魔力探知により魔王ルミナスの魔力に気づき遊びにきた。

魔王達の宴(ワルプギス)で名前を間違えたヴェルドラは今度は間違えず二つ名まできっちりと魔王ルミナスだと正体をバラしてしまう。

西方聖教会と和解しヨウムに新王になる

レイヒム大司教の殺害、ヒナタ・サカグチとリムルを戦わせようとしたことなどは全て七曜の老師の仕業だと判明。

ジュラ・テンペスト連邦国と西方聖教会は和解。

ディアブロのおかげでファルムス王国の新王に英雄ヨウムが就任することが決まる。

ディアブロが七曜の老師の攻撃からファルムス王国の現国王エドワルド王を守ったことの見返りとして英雄ヨウムを新王とすることはを約束してしまったから。

全てディアブロの計画通りとなる。

スポンサーリンク

【転スラ】リムルとヒナタ・サカグチの一騎打ちはどうなる?

リムルとヒナタ・サカグチの一騎打ちは

「リムルの完全勝利」で幕を閉じます。

重症となったヒナタ・サカグチは死亡するのか詳しくみていきましょう。

一騎打ちはリムルの勝利

リムルとヒナタ・サカグチの一騎打ちはリムルの圧倒的な差で勝利する。

ヒナタ・サカグチは前回の戦いで圧倒した未来予測の攻撃でリムルを攻撃するもリムルに通用せず。

ヒナタ・サカグチはリムルに最後の攻撃をし受けきればリムルの勝利ということ。

ヒナタ・サカグチは最終奥義である崩魔霊子斬を放つもリムルの暴食之王(ベルゼビュート)で防ぎきりリムルの完全勝利となる。

ヒナタ・サカグチは死亡する?

ヒナタ・サカグチは重症になりますが死亡しません。

リムルとの一騎打ちのあと竜破聖剣(ドラゴンバスター)が爆発しリムルを襲いますがヒナタ・サカグチが庇うことで重症になりましたが死亡はしない。

重症となったヒナタ・サカグチにリムルは完全回復役(フルポーション)を使いますが魔素を分解してしまう高い抵抗力があるため回復することができない。

リムル達では回復させることができませんが魔王ルミナスのスキルによりヒナタ・サカグチは回復し死亡しませんでした。

スポンサーリンク

【転スラ】聖魔対立編をネタバレとリムルとヒナタの一騎打ちまとめ!

【転スラ】聖魔対立編をネタバレ!リムルとヒナタの一騎打ちはどうなる?でした。

聖魔対立編は「魔王達の宴(ワルプギス)での食事会から始まりディアブロと英雄ヨウムによるファルムス王国の乗っ取りとヒナタ・サカグチ率いる十大聖人の聖騎士との戦いまで」です。

魔王となったリムルが問題としていた『西方聖教会との和解』と『ファルムス王国の王を英雄ヨウムにし乗っ取ること』が無事成功したのが聖魔対立編でした。

見どころも多くアニメ2期から続くリムルvsヒナタの戦いもあるので目が離せませんね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました