PR

【薬屋のひとりごと】梅梅の身請け先の相手は誰?その後は引退?

スポンサーリンク
アニメ

薬屋のひとりごとに登場する梅梅は誰に身請けされるのか、その後はどうなったのか気になりませんか?

アニメで梅梅の身請けされるであろう伏線が放送されましたよね。梅梅は引退を考えていることも明かされました。

緑青館の三姫としてずっといてほしいですが年齢を考えるとそうもいきません。

梅梅を身請けした相手は誰なのかと身請けした相手についてをまとめました。さらに梅梅は緑青館を引退するのか解説しています^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】梅梅の身請け先の相手は誰?

梅梅の身請け先のの相手は「棋聖」です。

棋聖とは名前ではなく囲碁や将棋が強い人のことを呼ぶ名前のこと。

棋聖は羅漢の紹介で梅梅を身請けすることになりました。

詳しくみていきましょう。

梅梅の身請け相手は棋聖

梅梅の身請け相手は「囲碁や将棋が強い棋聖」です。

梅梅の身請け相手の棋聖の名前はありません。

小説だけの登場なので漫画で登場する際は名前があるかもしれませんね。

梅梅は棋聖のことが好きで身請けしたわけではなく棋聖の弟子として身請けされました。

梅梅といえば鳳仙のもとで囲碁やさ将棋を指しており、羅漢の相手にもなっていましたよね。

羅漢に恋心を抱いて身請けされたわけではなく囲碁や将棋をもっと勉強したいこと、年齢を考えて梅梅の身請けが決まったです。

梅梅の身請け相手は羅漢の紹介

梅梅の身請け相手の棋聖は「羅漢の紹介で出会い」ました。

棋聖は独身ではなく奥方がいましたがすでに亡くなっています。

棋聖は新たに奥方を迎える気持ちはなかったのでしょうが羅漢の紹介と梅梅が囲碁や将棋ができるということで身請けを決めました。

羅漢は梅梅を身請けしようと思いましたが直前で鳳仙にしたから気を遣ったのかも。

梅梅の年齢を考えると羅漢に身請けしてもらう時が1番良かったはず。

それを断った羅漢としては知らないない仲ではないので梅梅の興味ある囲碁や将棋の名人である棋聖を紹介しました。

梅梅にとっても良い身請けですよね^^

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】梅梅の身請け先の相手は棋聖はどんな人?

梅梅の身請け先の相手の棋聖は

  • 帝に囲碁や将棋を教えている
  • 囲碁や将棋は羅漢よりも強い
  • 梅梅を弟子にした

棋聖については囲碁や将棋が強いこと、羅漢と知り合い、梅梅を弟子にしたことしかわかっていません。

詳しくみていきましょう。

棋聖は帝に囲碁や将棋を教えている

棋聖は「帝に囲碁や将棋を教えるほど国で強い人物」です。

棋聖は帝に囲碁や将棋を教えているほど強い人物なので国で有名な人でもある。

ちなみに、羅漢に囲碁で勝つために壬氏の師匠になったのも棋聖です。

日本でいうと藤井聡太さんみたいな人ですね。

棋聖は羅漢よりも囲碁や将棋強い

棋聖は「羅漢よりも囲碁や将棋が強い人物」です。

羅漢の囲碁や将棋の強さといえば軍部で負けなしでした。壬氏ですら勝てる見込みがないというほどの強さ。

軍部一の強さを持つ羅漢でも棋聖に勝つことできないほどの腕前です。

薬屋のひとりごとで羅漢に勝てるのは棋聖と鳳仙ぐらいですね。

鳳仙と羅漢の強さはほぼ互角。

棋聖と羅漢とでは圧倒的な差があることになりますね^^

棋聖は梅梅を弟子にとった

棋聖は「囲碁や将棋に興味ある梅梅を弟子にする人物」です。

梅梅は緑青館で1番囲碁や将棋をできる妓女。

梅梅に囲碁や将棋のセンスがあったから身請けという名の弟子をとったのでしょう。

羅漢は鳳仙と猫猫がいない緑青館に用事はありません。

羅漢は梅梅が自分と囲碁や将棋を指すことができないことを心配に思い紹介した。

梅梅は棋聖と囲碁と将棋をしている毎日ではないでしょうか。

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】梅梅の身請けのその後は?引退した?

梅梅のその後は「妓楼を引退して薬屋のひとりごとには登場していない」です。

梅梅のその後は棋聖に身請けされてからは緑青館を引退し本作には登場していません。

詳しくみていきましょう。

梅梅のその後は妓楼を引退

梅梅のその後は「棋聖に身請けをされて緑青館をやめて妓女を引退」です。

梅梅は羅漢が鳳仙の身請け以降大きな登場はなく棋聖に身請けされたことが大きな話になりますね。

梅梅の身請けに関しては伏線を張られていたので回収されたということです。

梅梅の身請けの伏線は羅漢が鳳仙を身請けする時だったので漫画では7〜8巻の伏線。

この時から梅梅の身請けは決まっていたと言えます!

梅梅は身請け後登場していない

梅梅のその後は「梅梅は今後薬屋のひとりごとに登場することはない可能性が高い」です。

梅梅のその後は羅漢が鳳仙の身請けを見届ける→棋聖に身請けされる→妓楼・緑青館を引退でした。

緑青館を引退以降梅梅は登場していません。

今後の登場はない可能性が高いと言えます。

梅梅が登場するとなると囲碁や将棋関連か再び緑青館に顔を出すとき。この2つでの登場の可能性は低く感じますね。

猫猫が梅梅に会いに行くことも考えられますが可能性としては低そう。

筆者は梅梅の身請けは退場と捉えています。

梅梅が羅漢のことが好きだったこと羅漢が鳳仙を身請けして梅梅が涙した意味はコチラ!

スポンサーリンク

【薬屋のひとりごと】梅梅の身請けは誰とその後まとめ!

【薬屋のひとりごと】梅梅の身請け先の相手は誰?その後は引退?でした。

梅梅を身請けした相手については以下の通りです。

梅梅の身請け相手について!

  • 梅梅を身請けした相手は「囲碁や将棋が強い棋聖」です
  • 梅梅と棋聖は羅漢の紹介で出会います。
  • 棋聖は「帝に囲碁や将棋を教えるほど国で強い人物」
  • 棋聖は「羅漢よりも囲碁や将棋が強い人物」
  • 棋聖は「囲碁や将棋に興味ある梅梅を弟子にする人物」

梅梅は恋愛で身請けされたわけではなく棋聖に弟子として身請けされたということですね^^

梅梅はその後どうなったのか以下の通りです。

梅梅のその後について!

  • 梅梅のその後は「羅漢が鳳仙の身請けを見届ける」→「棋聖に身請けされる」→「妓楼・緑青館を引退」です。
  • 梅梅は緑青館を引退後登場していません。

梅梅は猫猫をお世話していたのでまた登場してほしいですね^^

梅梅の身請け先の相手が誰なのか梅梅のその後は小説11巻でeBookJapan読めます!


コメント

タイトルとURLをコピーしました