PR

【呪術廻戦】238話のネタバレ確定!鹿紫雲一の死亡はなぜ?秤金次と裏梅はどうなった?

スポンサーリンク
呪術廻戦

呪術廻戦の238話のネタバレが確定しました。

完全体となった両面宿儺に鹿紫雲一は敗北し死亡したのか?

幻獣琥珀で両面宿儺をどこまで追い込めるのか気になるところですよね。

呪術廻戦の238話のネタバレ確定と鹿紫雲一は死亡したのか、秤金次と裏梅の戦いはどうなったのかまとめました!

スポンサーリンク

【呪術廻戦】238話のネタバレ確定!

呪術廻戦238話で両面宿儺vs鹿紫雲一の戦いに決着がつきました。

続いて両面宿儺と戦うのは虎杖悠二と日車寛見。

詳しくみていきましょう!

完全体となった両面宿儺を鹿紫雲一が分析

呪術廻戦237話では完全体となった両面宿儺。

両面宿儺を鹿紫雲一は分析を開始します。幻獣琥珀になり電気を操りX線解析が可能でした。

X線解析をした鹿紫雲一は両面宿儺を「完全無欠」だと認める。

完全体の両面宿儺が最強だという根拠

  • 掌印や呪詞の詠唱破棄をしなくて良い
  • 呪具を持っていても呪術が使える

人よりも多い口と目、腕により掌印や詠唱破棄をしない呪術を使えること。

呪術廻戦では掌印や呪詞は火力を上げるためには必要。

戦いの中では掌印は出来ても呪詞は唱えている暇はありません。

両面宿儺は完全体になったことで口が2つで腕が4本あるので掌印と呪詞を省くことなくできます。

五条悟vs両面宿儺との戦いで呪詞の詠唱破棄をしないことが重要なのかは知られていますよね。

両面宿儺は呪具「神武解」を使いますが腕4本になり神武解を持っていても掌印できます。

呪具による攻撃、呪術による攻撃と偏ることなく攻撃できると鹿紫雲一は分析しました。

完全体の両面宿儺の分析結果により一切の無駄がないことで「美しい」と感じてしまう。

肉弾戦で鹿紫雲一を圧倒する両面宿儺

鹿紫雲一の分析が終わり再び肉弾戦に。

幻獣琥珀で圧倒していた鹿紫雲一ですが完全体になった両面宿儺には通用せず。

幻獣琥珀もフィジカルギフテッドを超えるスピードですが完全体両面宿儺はそれすらも超えるスピードで鹿紫雲一に攻撃。

両面宿儺は相手の土俵で戦う好んでいるので鹿紫雲一のスピードに対抗したのでしょう。

過去には特級呪霊・漏瑚は炎の術式を使っていたので両面宿儺も「開」で対抗していました。

肉弾戦は完全体両面宿儺に軍配が上がります。

存在、空間を斬る斬撃「解」で鹿紫雲一死亡!

鹿紫雲一が口からビームのような音波攻撃を強くした攻撃をします。

両面宿儺は五条悟を殺した存在、空間を斬る斬撃「解」を呪詞の詠唱して放つ。

事前に避けろと言われ一度は回避したものの二度目は回避できず。

鹿紫雲一の死亡の描写はありませんが両面宿儺と死後の世界で話しているので死亡は間違いありません。

虎杖悠二と日車寛見のタッグが登場!

鹿紫雲一の死亡が確定し完全体の両面宿儺と戦うのは虎杖悠二と日車寛見です。

日車寛見がどのように完全体の両面宿儺と戦うのか。

虎杖悠二は何か腕に変化がありました!

完全体の両面宿儺は「小僧、貴様に何ができる」と虎杖悠二に言います。

日車寛見の領域展開・誅伏賜死はお互いに暴力ができないので使い方によっては面白い。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】鹿紫雲一はなぜ死亡?死因は?

鹿紫雲一は完全体の両面宿儺の斬撃「解」を受け死亡しました。

たった2話で死亡してしまった鹿紫雲一。

最強とは何かという鹿紫雲一が疑問に思っていたことが両面宿儺と戦ったことで解決しました

両面宿儺の斬撃により死亡!

鹿紫雲一の死因は両面宿儺による斬撃「解」。

五条悟と同じ斬撃もしくはさらに強化した斬撃で死亡した鹿紫雲一。

たった2話での死亡なので鹿紫雲一の強さがわかりづらいがトップクラスの術式。

両面宿儺の切り札であろう、呪具と完全体を使わせたこと。

五条悟、鹿紫雲一の死亡は無駄ではなかった。

鹿紫雲一が疑問だったことが解決した

鹿紫雲一が生きていた時代は鹿紫雲一が最強だった。

今の五条悟のようなもの。

最強が故に孤独。最強として1人でいることが罰なのかと考えていた鹿紫雲一。

五条悟や鹿紫雲一は自分以外の誰かに自分の思いをわかってもらいたい、満たして欲しかった。

両面宿儺は他者に満たしてもらおうとは考えておらず自分のやりたいように行動する。

鹿紫雲一や五条悟は贅沢者だなと言ったのでしょう。

鹿紫雲一は両面宿儺に自分のやりたいように行動してたら飽きるだろと問います。

両面宿儺は死ぬまでの暇つぶしだと回答。

鹿紫雲一と両面宿儺との問答で何を考えていたのか、両面宿儺はなぜ呪物になったのかわかりましたね。

鹿紫雲一は両面宿儺の考える「最強」聞けて満足したのかな?

スポンサーリンク

【呪術廻戦】秤金次と裏梅の戦いはどうなった?

秤金次と裏梅の戦いは明らかになっていません。

少しですが進展はあったようです。

みていきましょう。

238話では戦いは描かれていない

秤金次と裏梅の戦いは描かれていません。

秤金次の領域展開で裏梅を閉じ込めたまでが描かれている。

秤金次の領域展開・坐殺博徒は無限の呪力により裏梅の氷凝呪法は聞かないかもしれません。

裏梅も領域展開を使えばどうなるかわかりませんね。

領域展開が破られたシーンはある

238話の最後で秤金次が作った領域展開が破られ裏梅と秤金次が現れました。

秤金次vs裏梅の決着がついていないことは確か。

秤金次が裏梅を止めたのは鹿紫雲一と両面宿儺をタイマンで戦わせるため。

鹿紫雲一が死亡したことで領域展開を解いたのか。

どうなったのか気になりますね^^

スポンサーリンク

【呪術廻戦】238話のネタバレと鹿紫雲一の死亡、秤金次と裏梅の戦いまとめ

【呪術廻戦】238話のネタバレ確定!鹿紫雲一の死亡はなぜ?秤金次と裏梅はどうなった?でした。

呪術廻戦の238話のネタバレは以下の通りです。

呪術廻戦の238話のネタバレの流れ

  • 完全体となった両面宿儺を鹿紫雲一が分析
  • 肉弾戦で鹿紫雲一を圧倒する両面宿儺
  • 存在、空間を斬る斬撃「解」で鹿紫雲一死亡!
  • 虎杖悠二と日車寛見のタッグが登場!

鹿紫雲一の死因は五条悟と同じ存在や空間を斬る斬撃でした。五条悟だけに使えるだけでなかった。

秤金次と裏梅の戦いについては描かれず。ただし、領域展開が破られ秤金次と裏梅がいたので決着はついていない様子。

今後どうなるのか目が離せません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました